検索
  • Mika Suguro

私が頑張れる理由、努力の仕方


みなさんこんにちは!Mikaです。

チアを引退した最近、ダンス教室は年に2回程度。

そんな私ですが、ワークアウトは日々頑張っています。

最近は元NFLチア仲間のKisatoちゃんに紹介してもらって始めたNikeアプリを使ってワークアウトを週に3、4回程度のペースでやっています。

このアプリはSNS機能がついており、動画内で一緒にワークアウト経験をシェアする仲間を募集したところ、現在7人のメンバーがいます!まだまだ募集中です。

ワークアウト自体は30分から50分程度、その日によってメニューが違うのですが、結構キツイ!ビデオに合せて運動します。設定によっては家でも可能です。

4週間のプログラムを終了し、今日から新しい6週間のプログラムに入りました。

そんな時よくお友達や、仲間から聞かれることがあります。

「よく続けられるよね!飽きないの?辛く無いの?」

という事です。

こちらの動画内で、何事も3ヶ月くらい続ける事ができたら続けられる様になる。

とお伝えしましたが、

そもそも3ヶ月続けられないわ。。。

というのがほとんどの意見ですよね。

では、私がどうして続ける事ができるのでしょうか。

それは私の性格にもあると思います。

まず、真面目!

とにかく生真面目過ぎると言われる性格。

なので手抜きというものができません。

二つ目が、根性!

子供の頃から、剣道やチアリーディングを通じて、倒れても辞めんなー!!!みたいなやたら熱い体育会系精神が根付いているのです。

一つ目に関しては、性格ですが、二つ目は後天的に得たものです。

そして、その二つ目があったからNFLチアリーダーにもなれたと思っています。

とにかくやりたくない練習。。。

でも、頑張って練習した先にはいい事がある。私はそれを知っています。

それを知っているか知らないかは大きな違いだと思います。

努力や、根性などの”頑張り”というものは数値にできないので、自分は努力しました!というのはおかしいと思います。自分より努力している人もたくさんいると思います。

でも、自分の限界より少し先の努力をしたので、夢が叶ったと思っています。

今Nikeアプリでワークアウトをしていて、もしなんの目標も無かったら続かないと思います。

私は内面外見を美しく保ちたい、これを目標にやっています。

NFLチアから比べたら、大した目標じゃない、と思いますよね。

でも、だから良いんです。たったの30分しかワークアウトしてないですから。

これがNFLチアだったら2時間はやります。重りも2.5キロではなく、5キロの重り使います。でも、そんなの今の私にやったら、3日どころか1日ももたないでしょう。

だから、30分の努力。

夢や目標がが大きければ、そこにかける”頑張り”は比例して大きくなくてはいけません。(もう一度言いますが、数値かできないので、大きさは自分の辛い!もう嫌!というコンフォートゾーンからどのくらい超えるかと考えて下さい。)

努力慣れしている私にとっては大した事のない30分/週3、4日でも、人によってはキツイですよね。

まず週に3日なんて無理。。。とかね。

まずはもっと小さな目標を立てて、ちょっとずつクリアしてみてください。

週に1日でも良い。そして、その目標をクリアした自分を褒めてあげる。

というか達成した!と実感する。

数値化できないからこそ自分の今の限界を知っていく事が大切かなと。

そういう私もどうしても気持ち的にできない!!!という日があります。

完璧な人間では無いので、時々はサボりたくなります。

時々はサボってもいいし、レベル設定自分には高すぎたなと思ったら、修正します。

で、またその日からスタート。

一週間空いてもまた、何事も無かったかのようにスタート。

ダイエットは明日から、ではなく、

”今この瞬間から”思い立ったが、吉日ってヤツです。

という事で、まだまだ仲間募集してます!!!

Nike Training Club

https://www.nike.com/jp/ja_jp/

是非一緒にやりませんか?

私は週に3、4回ですが、別に週に1回でも、月に1回でも☆

ワークアウトコミュニティへのお待ちしています!

Mika Suguro

NFLチアリーダーになる夢を叶えてアメリカへ移住

シリコンバレー在住6年

インスタグラム@meeks0112

       @micalifornialife

Youtubeもやっています☆

https://www.youtube.com/channel/UCoyo3bpD-Hy0Pivja_p98ww?view_as=subscriber


369回の閲覧

​MIKA SUGURO

Copyright © Mika Suguro

All Rights Reserved.