WDT オーディション⑤面接

Updated: Apr 21


予選を通過すると、次の日が面接でした。

面接は1人の受験者に対して、2人。ディレクターとコーチでした。

面接の洋服のテーマはビシネスセクシー

ビジネスセクシーとは、

(2015年49ersオーディション時))

(2017年のウォーリアーズの時)

こんな感じでタイトのパツパツのスカートにブラウスや、派手すぎでしょ!というようなワンピース、日本のビジネスシーンでは考えられないような格好です。

プレップで言っていたのですが、「弁護士の就職活動じゃ無いから、紺のスーツに紺のスラックスである必要は無いわよ。クラブにいく様な格好の一歩手前、でもクラブに行くような、胸の空きすぎているものや、短すぎるスカートはやめてね!」との説明がありました。

これは、49ersと同じかなと思います。

日本と価値観が違うので、面接用のお洋服はアメリカで購入する事をお勧めします!

こちらへ到着すると価値観がすごく変わります。

自分でも不思議なのですが、日本ではこんなに胸の開いた服着られない!と思う様なものも、こちらでは、意外と普通だったり、

パツパツのスカートを用意してきたはずなのに、こちらで着て見ると、ゆとりがある様に感じたり、

建物の高さや、人との距離感がそう感じさせるのかな?と思うのですが、未だに、この感覚は不思議です。

特に毎年思うのは、日本人は"可愛い"雰囲気があります。

こちらでは、可愛い雰囲気は子供に見られてしまいます。

アメリカでは強い、自身に満ち溢れた、女性が好まれると感じます。

また、ウォーリアーズに関しては、普段の人となりが知りたいので、ミスコンの様に、完璧な話方や、答えは求めていないとの事です。 英語のできない私には、嬉しいお話でした(笑)

(ちなみに49ersは、どちらかというと人となりより、印象を見ます!)

周りの話を聞くと、アッサリ面接が終わってしまった人もいれば、ベテランは30分くらい出てこなかったり、人それぞれの様ですが、結局面接の長い短いは、合否にはさほど関係なかった様です。

普段の厳しい雰囲気ではなく、すごく親身に話を聞いてくれて、言いたい事はきちんと言えたと思います。

次はブートキャンプについて。つづく


298 views

Copyright © Mika Suguro

All Rights Reserved.